カテゴリー
ダイエット 夜食

ダイエット中の夜食は絶対NG?食べてもいいものとは

ダイエット中は食事を減らしたり、運動をしたりして夜中にお腹が空くこともありますよね?

そんな時、

「ダイエット中なのだから我慢して朝が来るのを待たなければならないの?」

「夕飯は食べ終わったけど、寝るまではもう少しあるから何か食べてもいいかな?」

今回はそんなダイエット中にありがちな夜食についての疑問を解決します。

ダイエット中の夜食は絶対NG?

ダイエット中は夜食は食べてはいけないイメージですが、食べ方と食べるものを選べば絶対NGというわけではありません。

そもそも夜食が太るといわれる原因は、夜は副交感神経が優勢になります。副交感神経が働くと、体がリラックスモードになりエネルギーを消費しづらくなります。

そのため、夜遅くに食べることは太ることにつながるといわれています。

しかし、それでも食べたいときはあります。そんな時はどんなものを食べるのがいいのでしょう?

ダイエット中の夜食はどんなものなら食べてもいい?カロリーは

夜はお風呂に入ったり、のんびり過ごしたりして、エネルギー消費が少ないため、夜食に食べるものは特に低カロリーで食べ応えのあるものや温かいものを選ぶことが大切です。

・春雨スープ(低カロリーで食べ応えがあり、味のバリエーションも豊富)

・味噌汁(野菜とタンパク質を摂ることができる)

・野菜スープ(不足しがちな野菜を摂ることで栄養バランスが整い空腹を感じなくなる)

・こんにゃくゼリー(腹持ちがよく、便通改善も期待できる)

・鶏のささ身サラダ(低糖質、高タンパク!)

・おかゆ(炭水化物なので意外ですが、水分で量が増しているので少しの量で満腹感が得られる)

注意点はある?

夜食は、夕飯と同じように、寝る2時間前までには食べるようにしましょう。

野菜から食べるようにすると、血糖値の急上昇を抑える効果があります。野菜に含まれる食物繊維が脂肪の吸収を抑えるので、ぜひ野菜から食べるようにしましょう!

そして、食事全般に言えることですが、ゆっくり、よく噛んで(一口30回程度)食べるようにすると、満腹中枢が刺激され、少ない量で満足感が得られます。

ダイエット中の夜食で食べたら太りやすいものは何?

・バナナ(血糖値をあげる食品なので避けたほうが良い)

・おにぎり(おかゆと比べ1個のカロリーが高く、血糖値も上がるため避けたい)

・菓子パン、ケーキ(ダイエット中に食べることはないかもしれませんが、もし食べたくなったらおやつの時間に少量食べるようにしましょう)

どの食品も血糖値が上がりやすい食材です。このような食品を夜食に食べるのは避け、食べたい場合は夜食以外で取り入れるようにしましょう。

まとめ

・夜食は食べ方と食べるものを選べば食べてOK

・寝る2時間前までに食べる

・血糖値の上がりづらい食品を選ぶ

・温かいものを選ぶ

・野菜から食べる

・ゆっくりよく噛んで食べる

以上のことに気を付けながら夜食を取り入れて、空腹になりすぎないようにダイエットに臨めるといいですね!

カテゴリー
ダイエット 成功させるコツ

ダイエット成功のコツ!どんな食事が大事?

ダイエットを開始するにあたって、運動はもちろんのこと、食事にも気を付けたいですよね。

一度の食事の内容は?食事の回数は?など色々なことが気になると思います。

せっかく始めるダイエット。体の中から綺麗になりたい!

そこで今回はダイエット成功のためにはどんな食事にしたらいいかをお伝えします。

ダイエット成功のコツ!どんな食事がいい?

まず、食事は必ず三食きちんと取ることが大切です。

なぜなら、一日一食や断食など極端にカロリー摂取が少なくなると、体が少ない食事からより多くのカロリーを摂ろうとして、かえって太りやすい体質になるからです。

また、カロリー摂取が少なくなると、カロリー消費の高い「筋肉」を分解し始めます。

筋肉が減ると、体重は減っても綺麗に痩せず、また、痩せにくい体になってしまいます。

では、三食どんな内容で食べればいいのか、ポイントをまとめました。

朝食

・交感神経を刺激するカフェイン入りの飲み物(緑茶・コーヒー)

・筋肉を作る高タンパクな食事(肉・魚・卵・大豆製品)

ただし、朝から肉なんて胃がもたれて無理!なんて方は無理に食べる必要はありません。

一日のトータルで摂れていれば大丈夫です。

今までパンとコーヒーだけだった、なんて方は卵焼きを足してみたりしてはどうでしょう?

昼食

・炭水化物の量に注意!(ご飯の大盛など)

・おかずや汁物を先に食べると炭水化物の食べ過ぎの予防になる

・丼物よりは定食を選ぶ(栄養のバランスが良くなり、品数が増えると満足度が高くなる)

・コンビニ食の場合は一汁三菜を意識して、おかずや汁物も選ぶ

昼食をセーブすると夕食まで持たず、間食を沢山してしまう危険があるので、特に食べ過ぎなければ基本的には何を食べても大丈夫です。

ただし、単品料理にならないように注意しましょう。

 

夕食

・寝る2時間前までには食べる

・夕飯から翌日の朝食までの時間が空いた方が腸の働きにも効果的なので、翌日の朝食まで14時間以上空けると良い

・温かいものを食べる

・テレビやスマホを止め、ご飯に集中する(よく噛むことで、満腹中枢が刺激される)

・野菜を多く摂る

食事内容も大事ですが、食べる時間はダイエットには大きな影響があるようです。

もし、夕食の時間が遅くなることが分かっている場合は、17時~18時頃におにぎりなど軽い炭水化物を食べると夕食のドカ食いを防げます。

 

ダイエット成功のコツ!間食はダメ?

ダイエットをしていると間食してはいけないというイメージがありますよね?

間食しないに越したことはありませんが、我慢するのは逆効果です。

次の食事でドカ食いになってしまってはダイエットの意味がなくなってしまいます。

間食する場合には、チーズやヨーグルト(無糖)、ナッツ類など低糖質や噛み応えのあるものを選ぶといいです。

また、間食の時間は15時までにすると太りにくいといわれています。

まとめ

・きちんと三食とること

・朝食は普段の食事に足りないもの(タンパク質やビタミン)をプラス一品

・昼食は炭水化物の量に注意し一汁三菜を目指す

・夕食は寝る二時間前までに次の朝食まで時間が空くように摂る

・間食は15時までに低糖質や噛み応えのあるものならOK!

以上に注意してダイエットを成功させましょう!

カテゴリー
ダイエット

部分ダイエットの方法が知りたい!太ももだけ痩せることは可能?

ダイエットをしている方の中には「あの部分だけ痩せたい!」そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

今回は部分ダイエットの解説をしていきます。

部位ごと(太もも、二の腕、お腹)にやり方をご紹介していきますので、ぜひ参考にされてください。

部分ダイエット!太ももだけ痩せるには?

太ももが太いと悩まれている方は、太ももに脂肪が多いことが原因です。

太ももの脂肪を減すためには「有酸素運動」や「筋トレ」などの方法が効果的です。

筋トレは筋肉が大きくなってしまうと思われる方もいらっしゃります。

やりすぎは肥大につながってしまいますが、脂肪を減らすためにはある程度重要となってきます。

有酸素運動で脂肪を燃焼させ、筋トレで基礎代謝を上げて痩せるというのがセオリーです。

また、ストレッチなども効果的と言われていますね!

部分ダイエット!二の腕だけ痩せるには?

二の腕のぷよぷよが気になるという方も多いのではないでしょうか?

二の腕がぷよぷよになってしまう原因として、1日の基礎代謝を超える食事をしていながら、全く運動をしていないということが挙げられます。

他にも理由があるケースも存在しますが、基本的に消費カロリーを摂取カロリーが上回ってしまっていることが原因となります。

なので、これについても食べる量を抑えて、運動や筋トレをおこなうことが最善の方法と言えます。

二の腕だけ痩せるトレーニング方法として、ダンベル等を使った筋トレが主流です。

部分ダイエット!お腹だけ痩せるには?

最後はお腹だけを痩せるための方法についてです。夏になると海やプールなど、お腹を出す機会が増えますよね。

お腹というのは内臓の位置を支える働きがあります。運動不足になると、筋肉が衰え内臓を支える力が弱まり、ポコっとお腹が出てしまうのです。

そこに対してさらに内臓脂肪がついてくると、ますますお腹周りが大きくなってしまいます。

基本的に脂肪を燃焼させることが効果的ですが、それよりもお腹のむくみをとったり、姿勢を改善させることが効果的と言われています。

まとめ

今回は部分ダイエットについての記事をお届けしました!

特定の部位だけ痩せるなんて難しいと思っていたと思いますが、ちゃんと実践すれば十分可能になります。

部位を鍛える運動や筋トレの方法は世にたくさんありますので、自分ができそうなものからチャレンジして継続されていってください。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!

カテゴリー
ダイエット 短期間でダイエットする方法

短期間でダイエットを成功させるにはどうすればいい?

ダイエットしたいけど、すぐに結果が欲しい…」そうお考えの方も多いと思います。

今回は短期間でダイエットを成功させるための方法をご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください!

短期間でダイエットを成功させるには食事制限しかない?

まず、この“短期間”という言葉なんですが、そもそもどれぐらいの期間で結果が出ることをダイエットでは“短期間で”というのかを確認してみましょう。

これはだいたい3ヶ月〜半年のことを指します。

目に見えた変化というのは最低でも3ヶ月はかかってしまいます。

それよりも短期間で結果が出てしまうような減量方法は体に良くないですし、あとあと痛いしっぺ返しがくることもありますので、オススメできません。

という前提を踏まえた上で、短期間ダイエットにはどんな効果的な方法があるのかを見てきましょう。

よく言われるのは「食事制限ダイエット」。

短期間でダイエットを成功させるには食事制限しかないなどと言われたりもしますが、本当なのでしょうか?

結論を言えば、食事制限以外にも短期間でダイエットを成功させる方法はあります!

どんなダイエットが効果的?

置き換えダイエット

置き換えダイエットとは、1日3食のうち、1食分か2食分を低カロリーの食事に置き換える、という方法です。

普段の食事よりもカロリーを減すことができるので、3ヶ月も継続すれば確実に結果はついてきます。

ただ、食事を我慢することによってストレスがたまり、暴食に走ってしまい、余計に太ってしまうケースもあるので注意は必要です。

置き換えダイエットにおすすめなのがクレンズキャンプ

伝説のキャバ嬢エンリケさんプロデュースの置き換えダイエットドリンクです。

難消化デキストリン、植物酵素、スーパーフードも配合されていて美容にも最適!

グルコマンナンでお腹も満腹、置き換えダイエット成功間違いなしです。

腸活

腸活って聞きなれない言葉ですよね。腸活とは腸の調子を整える活動のことを言います。

腸の調子を整えることによってダイエット効果が期待できます。また、美肌効果や、睡眠改善効果など、女性にとって嬉しい効果が他にもたくさんあります。

具体的な方法として、朝起きたらすぐにコップ一杯分の水を飲む、というものがあります。

糖質制限

糖質制限ダイエットとはその名の通り糖質を制限することによって痩せることを目指すダイエット方法です。

具体的には「ご飯類」「パン類」「芋類」「麺類」「果物類」などの糖質を多く含む食べ物を控えます。

ただ、急激に炭水化物を減してしまうと、低血糖状態になってしまい、ホルモンバランスが崩れてイライラしてしまったり、自律神経が乱れてしまったりする危険があります。

まとめ

今回は短期間で成功させるためのダイエット法について解説をしてきました。

苦言を呈するようですが、楽に全く努力しないで痩せる方法なんて存在しません。

結果を得ようと思うなら辛いでしょうが、短期間でも頑張る必要が絶対に必要です。

それでは最後までご覧いただき、ありがとうございました!